ラグのトレンド傾向は長毛&ブラック/グレー?!

ボシャールのカットサンプルの山

TOULEMONDE BOCHART / トゥールモンド ボシャールは、ラグマットを扱うブランドだ。ショールームはフランスにあり、日本ではチェルシーインターナショナルが総代理店となって取り扱いをしている。9月にパリのお店を見てきたのだが、先日の新作発表会の場でも拝見したので改めて今日はラグについて。

【インテリアトレンド】新作ファブリック発表会@チェルシーインターナショナル青山SR

ショールームでみる新作ファブリック 新作発表会にお邪魔してきた。各ブランド・メーカー、年に1~2度、季節がくると新作発表を行うのだが、ここのところはすっかりオン…

ラグやカーペットは、毛足の短いもの、長いもの、ループ状になっているものといった、テクスチャーの違うものが存在しているが、今期新作の傾向としては「毛足の長いものが多いな」という印象を受けた。おぉ、ラグのトレンドはシャギーか?!なんて思ったのだが、

一般ピープル

いや、それ、いま・・・秋冬だからじゃね?



うん・・・そうだよね。秋冬だからか。そっか。

それと、ショールームの人がおっしゃるには、ベージュやアイボリーといった明るいバリエーションより、黒やグレーのダークなカラー展開が目立っているとのこと。おぉ、色のトレンドは黒&グレーか?なんて思ったが、

一般ピープル

うーん、だから、それも・・・秋冬だからじゃね?

そんなわけで、ラグは長毛&ダーク系のカラーがトレンドかもねという話を今日は(むりやり)書いてみようかと思ったが、ボシャール1社しか見てないし(笑)根拠が弱かったのでやめておこう、てへぺろ。
それにしてもかっこいい、黒系ラグ!めちゃめちゃおしゃれだと思いませんか?!
200×300サイズで290,000~400,000円といった価格帯、お手軽とは言えないにしてもハイエンドクラスの中ではカジュアルに手が届くブランドかもしれない。

トゥールモンド ボシャール

AMALGAME
DEEP
FEZ

青山に出来たショールーム(予約制)

さて。(ここからは「です・ます調」に切り替わるブログ)
チェルシーインターナショナルさんは新宿信濃町にショールームを構えているインテリア商材のディストリビューターです。ZIMMER+ROHDEやボシャールなどハイエンドな品揃えがメインなので万人にご提案できるnitoriのような気楽さはありませんが(選ばれし者のインテリアだよ!)、でも意外と身近なところでみなさんが商品に触れあっている可能性があります。

東京ステーションホテルの客室

例えば東京ステーションホテルのカーテンなんかをペロっとめくってみてください。

チェルシーインターナショナルと書いてあるでしょ

新たに青山にショールームをOPENし、先日の新作発表会も新ショールームで開催。店内をじろじろと探求させていただき楽しかったです。

チェルシーインターナショナルの青山ショールーム(2022年OPEN)
「アンドリューマーチン」のコーナー
切手模様の壁紙がインパクト大!
壁のアートがお茶目


ハイブランド系のショールームは「予約制」が多いですし、そうじゃなくてもコロナ以降予約制に切り替えたところもありで、なかなか敷居が高いと思われがちですが、青山のショールームはとても立地がよく、迷わずに行きやすいので機会があればぜひおすすめします。