コンセントをうごかす。

こんばんは。
21:05の女、りかです。

リフォームのときには電源関係も整えなおすことをよくやるのですが
リフォームなどをしない場合でも電気工事だけはやらせていただくことがあります。

どのお客様も(そして私自身も!)そうなのですが
建築当初に想定してつけたコンセントの位置や数は
実際に暮らしてみると

「こうじゃないほうがよかったな」と思い、やり直したいと思う箇所がでてくるってもんです。

スマホやパソコンなどのネット接続環境、家電製品・・・・日々進歩と変化で
例えば以前では想定もしていなかったお掃除ロボット(ルンバくんなど)が普及してきているこのごろは

充電用にここにも電源が欲しいとか

昔はここでパソコンをしていたけれど
いまはこっちでタブレットを開くから、充電するコンセントはこっちのほうがいいとか

暮らしと電源の位置関係(それと、必要数)って、けっこう変化します。

というわけで。
本日の画像は電気屋さんがそんな作業をしてくれているところ。
リフォームはしませんが造作家具を施工するので、その準備段階として電源の整線をしています。

なんだかんだで現場でのすれ違いが続き、会えないでいた電気屋Sさん、
「顔合わすのは1年ぶりじゃないっすかね!?」

そ、そ、そんなにたちますか・・・・。
月日の流れは恐ろしいです。

はい。
もともと1箇所だったマルチメディアコンセント(電源/LAN/TV/電話)が
あっちに移動したりこっちに増えたりで、作業終了。

続きはまた明日~。